五感で人を惑わすワイン。

今週のオフ飯は自宅で夫婦ゆっくりと。
お供のワインは友人からの頂き物、チリのビオビオヴァレー産の赤ワイン。
“リュイット パイス・デ・ユンベル”
2014収穫年、生産者はルイ アントワーヌ・リュイット氏。
こんな香り高いワインは初めて!と言うくらい香りがいい。
とにかく芳しく、グラスの口に顔を押し当てて何度も深呼吸。
こんなお行儀悪いことも家呑みだから出来るんです。
淡いピンク色からは想像もできない、パワフルな香りを放つワイン。
ピリピリと舌の上で弾ける微発泡と、樹齢400年超えの区画で取れた葡萄の放つ香りは、
飲む人の五感を酔わせますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です